沿革

大正 4年 兵庫県姫路市野里町に梶原定吉が梶原鉄工所を個人創業。
圧力容器及びボイラーを製造。
昭和 11年 現在地の兵庫県姫路市飾磨区恵美酒へ工場移転。
昭和 12年 呉海軍工廠の指定工場となり復水器・取鍋等を製作。
仕上組立工場を建設。
昭和 19年 機械工場を新築し、諸機械を増設。
昭和 20年 商工省より運搬機械生産工場に指定。
昭和 25年 法人組織に改組し、株式会社梶原鉄工所となる。
煤吹器(スートブロワ)生産開始。
昭和 31年 製缶工場を建設。
昭和 32年 鋼板製溶接継手の生産開始(現在は他社に分離)。
昭和 33年 ディーゼル用掃除空気溜、架構等の生産開始。
昭和 38年 スルザーディーゼル機関用エンジンべッドの生産を開始。
松之本工場を建設。
昭和 39年 油加熱器の生産開始。
昭和 42年 排ガスボイラーの生産開始。
昭和 44年 舶用油焚ボイラーの生産開始。
昭和 46年 中島工場建設。
昭和 54年 中島工場に集じん板加工工場を増設。
昭和 58年 中島工場に広域幅集じん板加工工場を増設。
昭和 59年 ASME CODE ”U”及び”UM”スタンプ取得(平成10年 スタンプ返納)。
平成 7年 建設業許可管・塗装・熱絶縁・鋼構造物・機械器具設置各工事業。
平成 16年 サンロッドオイルヒータ(油加熱器)自社ブランドとして生産開始。
平成 17年 サンロッドオイルヒータからカジワラヒーターへ名称変更。
平成 22年 当社ブランドとしてのオイルヒーター製造数がのべ3,000台に達する。
平成 23年 鉄鋼部品のラベル自動プリント機械の製造開始。
平成 24年 ISO9001、ISO14001を取得。
平成 26年 創業100周年を迎え、新規事業をスタート。
平成 30年 脱臭装置に関する窓口として、神戸事務所開設。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Copyright 2018 株式会社梶原鉄工所