独自の工夫で優秀人材確保

若手採用・定着進む姫路中小

「2014年以降、新卒と中途を合わせて8人を採用したが誰も辞めていない」と、梶原鉄工所(梶原敏樹社長)の大明賢取締役総務部長は胸を張る。同社は集塵機などを手がける産業用機器メーカー。製造現場では旋盤工や製缶工が働く。
採用した8人のうち6人は中途採用で、6人は社員が誘った友人や兄弟だ。旋盤工の北川大貴(28)さんは工業高校時代のバイト先の先輩を、製缶工の瀧井和希(28)さんは工業高校の同級生と、双子の弟を連れてきた。北川さんも瀧井さんも「信頼できる人間だから誘った」と話す。
昔気質の職人が多かった10年前までは「技術は盗んで覚えろ」という雰囲気が当たり前で、若手もすぐに辞めていた。しかし「自分が呼んだのだから教えるのは当然。自分の技能も、教えられるレベルに上げないといけない」と北川さんが強調するように、今の現場では若手同士が教え合う。年功序列も見直した。「働きやすい職場だと思う。そうでなければ誰も誘わない。」と瀧井さんは話す。

(2017年3月7日 日刊工業新聞に掲載)

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Copyright 2018 株式会社梶原鉄工所